FX初心者がデイトレで稼ぐ!小額資金からFX長者へ

FX初心者がデイトレで勝つための情報を発信するFXデイトレード有益情報ブログ。プロFXトレーダーがデイトレFX相場情報を無料で毎日配信しています!

         リスク管理について blog-category-2.html
         FXでデイトレするなら最低限知っておきたい事です。
           あなたは知っていますか?


         おすすめFX会社とは? blog-category-4.html
         FX会社の良し悪しでも勝負は決まります。FXで稼ぐための
           ベストパートナーとなる会社を紹介。


         こちらのレポートは必見! blog-category-9.html
         FXで失敗せずに利益を上げるテクニックをまとめて
           あります。


【FX長者】今週のメインイベントを消化した相場 今夜のデイトレFX必勝法 

  相場で失った資金をリスクゼロで取り戻す手法
  FXデイトレード&スキャルピング手法を大公開
 応援クリックお願いしますm(u_u)m⇒FC2 ブログランキング

本日の為替相場は、
主要な株式市場及び米国債利回りの動向
注目度の高い米国の経済指標発表
米ドル、日本円、ユーロの方向性に注目!


【現在の相場】08:30時点

・チャート画像は全て15分足
・単純移動平均線 赤:25MA 青:100MA 紫:200MA


ドル円

USDJPY22_20240222084836582.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってロングトレンド
MACDからは、ロングサインが確認できる。



ユーロドル

EURUSD22_20240222084834a32.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってロングトレンド
MACDからは、ロングサインが確認できる。



ユーロ円

EURJPY22_2024022208483125b.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってロングトレンド
MACDからは、ロングサインが確認できる。



【本日のイベント】

18:00 EU)2月製造業購買担当者景気指数
18:00 EU)2月サービス部門購買担当者景気指数
19:00 EU)1月消費者物価指数
21:30 EU)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

22:30 加)12月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:45 米)2月製造業購買担当者景気指数
23:45 米)2月サービス部門購買担当者景気指数
23:45 米)2月総合購買担当者景気指数
24:00 米)1月中古住宅販売件数


【今夜の戦略】

本日の東京外国為替市場のドル円は、
米10年債利回りの上昇や
日経平均株価の史上最高値の更新期待から
底堅い展開が予想されるものの、
本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入への警戒感から
上値は限定的だと予想されるでしょう。

先週16日の日経平均株価は38865.06円まで上昇し、
1989年12月31日のザラバの高値38957.44円に92.38円、
終値38915.87円に50.81円まで迫っていましたが、
今週は3手連続陰線で反落したものの38000円台を堅持しています。

3連休を控えた本日のドル円は、
米半導体大手エヌビディアの好決算を受けて
日経平均株価が史上最高値を更新するのではないかとの
期待感から底堅い展開が予想されます。

しかしながら、ドル円の上値は、
本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入への警戒感から
限定的だと思われます。

先週14日の神田財務官の発言
「必要があれば適切に対応する」は介入を警告したものでしたが、
介入が実施される可能性がある151円台に向けては
「あらゆる措置」「断固たる措置」という発言に
警戒していくことになるでしょう。

1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、
金利をいつまで現行水準に維持すべきかに不透明感が存在する中、
政策担当者の大半が尚早な利下げに対する懸念を
示していたことが示されました。

政策金利はピークに到達した可能性が高いとの認識が示されたものの、
利下げ開始のタイミングについては不透明なままでした。

議事要旨では、インフレ率が2%まで
持続的に低下しているかを見極める上で、
今後入手するデータを注意深く評価することの重要性を強調しましたが、
FOMCの後に発表された米1月の雇用統計、消費者物価指数(CPI)、
卸売物価指数(PPI)などのデータは尚早な利下げに対する
懸念を裏付けています。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが
FF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」では、
6月のFOMCで利下げ(▲0.25%=5.00-25%)が開始され、
7月(▲0.25%=4.75-00%)、11月(▲0.25%=4.50-75%)、
12月(▲0.25%=4.25-50%)との見通しが維持されております。

昨年12月のFOMCでのドット・プロット(金利予測分布図)では、
2024年中の3回の利下げ(x0.25%=▲0.75%)で、
2024年末のFF金利誘導目標を4.50-75%と想定しています。


Check!!
基本的なトレード手法。各通貨ペアの特徴、攻略法などをYouTubeで解説中です。
Click!⇒プロトレーダーのFX解説
これからFXを始めたい方はもちろん、
更なる成果を求める方も必見の内容が詰まった動画を公開していきますので、
しっかりチェックして勝率アップを狙いましょう!(^^)!




【今週の重要イベント】
赤字は最重要経済指標
桃色は重要イベントなど


2/19(月)
・米国、カナダ休場
08:50 日)12月機械受注



2/20(火)
09:30 豪)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
22:30 加)1月消費者物価指数
24:00 米)1月景気先行指標総合指数



2/21(水)
08:50 日)1月貿易統計
09:30 豪)10-12月期四半期賃金指数
24:00 EU)2月消費者信頼感
28:00 米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



2/22(木)
18:00 EU)2月製造業購買担当者景気指数
18:00 EU)2月サービス部門購買担当者景気指数
19:00 EU)1月消費者物価指数
21:30 EU)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

22:30 加)12月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:45 米)2月製造業購買担当者景気指数
23:45 米)2月サービス部門購買担当者景気指数
23:45 米)2月総合購買担当者景気指数
24:00 米)1月中古住宅販売件数



2/23(金)
・日本休場
16:00 独)10-12月期国内総生産
18:00 独)2月IFO企業景況感指数



経済指標&イベントに加えて
・主要な株式市場
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言
・イスラエル・パレスチナ問題
・米国のインフレ動向
・米国のリセッション入り懸念
・注目度の高い米経済指標の発表
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場
・欧州の金融政策への思惑
・日本の金融政策への思惑
・米大統領の発言
にも注目!


応援クリック宜しくお願い致しますm(u_u)mFC2 ブログランキング
人気記事! ⇒
スキャルピング必勝法デイトレ必勝法
人気記事! ⇒ダマシ撃退法(逆張り矯正法)
人気記事! ⇒リスク管理

........................................................................................................................
メルマガではブログで公開していないより具体的な相場観などを
  配信しております。こちらも参考にしてくださいね。
.......................................................................................................................

[ 2024/02/22 08:52 ] デイトレ必勝法

【FX長者】イベント消化待ちの相場 今夜のデイトレFX必勝法 

  相場で失った資金をリスクゼロで取り戻す手法
  FXデイトレード&スキャルピング手法を大公開
 応援クリックお願いしますm(u_u)m⇒FC2 ブログランキング

本日の為替相場は、
主要な株式市場及び米国債利回りの動向
FOMC議事録の公表とNVIDIAの決算発表
米ドル、日本円、ユーロの方向性に注目!


【現在の相場】08:30時点

・チャート画像は全て15分足
・単純移動平均線 赤:25MA 青:100MA 紫:200MA


ドル円

USDJPY21_202402210834509ec.jpg

移動平均線は上から、100MA、200MA、25MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ショートサインが確認できる。



ユーロドル

EURUSD21_20240221083450150.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ショートサインが消えていることが確認できる。



ユーロ円

EURJPY21_2024022108344728b.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAと100MA間でのレンジ相場
MACDからは、ショートサインが確認できる。



【本日のイベント】

08:50 日)1月貿易統計
09:30 豪)10-12月期四半期賃金指数
24:00 EU)2月消費者信頼感
28:00 米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨


【今夜の戦略】

本日の東京外国為替市場のドル円は、
引き続き日経平均株価の史上最高値の更新期待から
底堅い展開が予想されるものの、
米10年債利回りの伸び悩みが
上値を抑える展開が予想されるでしょう。

先週16日の日経平均株価は38865.06円まで上昇し、
1989年12月31日のザラバの高値38957.44円に92.38円、
終値38915.87円に50.81円まで迫っており、
本日のドル円は、日経平均株価の史上最高値の
更新期待から底堅い展開が予想されます。

しかしながら、ドル円の上値は、
米10年債利回りの伸び悩みや円売り持ちポジションの利食い、
そして本邦通貨当局による円安抑制への警戒感などで
限定的だと思われます。

岸田首相は、今年の春闘で昨年を上回る賃上げを実現して、
6月の定額減税とあわせて実質賃金をプラスにして、
消費を活性化させて、
9月の自民党総裁選での再選を目論んでいると思われます。

そのため、ドル高・円安による
輸入物価の再上昇は阻止したいはずであり、
本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入の
警戒感を高めています。

本邦通貨当局からの介入への警告は、
「投機的な動きは容認できない。
必要であれば適切な措置を講じる」が挙げられます。

そして、介入が視野に入る局面では、
「行き過ぎた相場の動きに対してはあらゆる措置を排除しない」
「行き過ぎた/投機的な相場の動きに対しては
断固たる措置を取る用意」が挙げられます。

すなわち、14日の神田財務官の発言
「必要があれば適切に対応する」は警告段階であり、
介入が実施される直前の「あらゆる措置」「断固たる措置」という
警告を待つことになるでしょう。

8時50分に発表される1月貿易統計(通関ベース)は
季節調整前が1兆9259億円の赤字、
季節調整済が2307億円の赤字と予想されております。

1月のドル円の上昇は、新NISA(少額投資非課税制度)による
円売り(※約8200億円規模との試算)が背景にあるものの、
本邦実需筋による円売り圧力の継続を確認することになります。

9時30分に発表される10−12月期豪賃金指数は
前期比+0.9%と予想されており、
7-9月期豪賃金指数の同比+1.3%からの
低下が見込まれています。

6日に発表されたRBA四半期金融政策報告では、
「賃金と労働需要への下押し圧力がさらに高まっており
予想より早いインフレ目標への復帰が見込まれる」
との見解が示されており、
報告通りに賃金指数も低下しているか注目したいですね。

昨日発表された2月の豪準備銀行(RBA)理事会の議事要旨では、
利上げの根拠は特にサービス価格などで
インフレが予想より粘り強くなりかねないリスクが軸にあるとし、
インフレが抑制されると確信するには、
労働市場はまだタイト過ぎるだろうとの認識が示されました。

1月豪新規雇用者数は+0.05万人で、
昨年12月の-6.51万人から増加、
失業率は4.1%で、昨年12月の3.9%から上昇していました。

本日も獲れるところでコツコツと
利益を積み上げていきたいですね!(^^)!


Check!!
基本的なトレード手法。各通貨ペアの特徴、攻略法などをYouTubeで解説中です。
Click!⇒プロトレーダーのFX解説
これからFXを始めたい方はもちろん、
更なる成果を求める方も必見の内容が詰まった動画を公開していきますので、
しっかりチェックして勝率アップを狙いましょう!(^^)!




【今週の重要イベント】
赤字は最重要経済指標
桃色は重要イベントなど


2/19(月)
・米国、カナダ休場
08:50 日)12月機械受注



2/20(火)
09:30 豪)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
22:30 加)1月消費者物価指数
24:00 米)1月景気先行指標総合指数



2/21(水)
08:50 日)1月貿易統計
09:30 豪)10-12月期四半期賃金指数
24:00 EU)2月消費者信頼感
28:00 米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



2/22(木)
18:00 EU)2月製造業購買担当者景気指数
18:00 EU)2月サービス部門購買担当者景気指数
19:00 EU)1月消費者物価指数
21:30 EU)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

22:30 加)12月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:45 米)2月製造業購買担当者景気指数
23:45 米)2月サービス部門購買担当者景気指数
23:45 米)2月総合購買担当者景気指数
24:00 米)1月中古住宅販売件数



2/23(金)
・日本休場
16:00 独)10-12月期国内総生産
18:00 独)2月IFO企業景況感指数



経済指標&イベントに加えて
・主要な株式市場
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言
・イスラエル・パレスチナ問題
・米国のインフレ動向
・米国のリセッション入り懸念
・注目度の高い米経済指標の発表
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場
・欧州の金融政策への思惑
・日本の金融政策への思惑
・米大統領の発言
にも注目!


応援クリック宜しくお願い致しますm(u_u)mFC2 ブログランキング
人気記事! ⇒
スキャルピング必勝法デイトレ必勝法
人気記事! ⇒ダマシ撃退法(逆張り矯正法)
人気記事! ⇒リスク管理

........................................................................................................................
メルマガではブログで公開していないより具体的な相場観などを
  配信しております。こちらも参考にしてくださいね。
.......................................................................................................................

[ 2024/02/21 08:37 ] デイトレ必勝法

【FX長者】実質的な週明け相場 今夜のデイトレFX必勝法 

  相場で失った資金をリスクゼロで取り戻す手法
  FXデイトレード&スキャルピング手法を大公開
 応援クリックお願いしますm(u_u)m⇒FC2 ブログランキング

本日の為替相場は、
主要な株式市場及び米国債利回りの動向
米ドル、日本円、ユーロの方向性
明日にFOMC議事録の公表とNVIDIAの決算発表を控える点に注目!


【現在の相場】08:30時点

・チャート画像は全て15分足
・単純移動平均線 赤:25MA 青:100MA 紫:200MA


ドル円

USDJPY20_2024022008130660d.jpg

移動平均線は上から、25MA、200MA、100MA
現在は25MAと200MA間でのレンジ相場
MACDからは、ロングサインが消えていることが確認できる。



ユーロドル

EURUSD20_2024022008130429d.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ロングサインが消えていることが確認できる。



ユーロ円

EURJPY20_20240220081301c9e.jpg

移動平均線は上から、25MA、200MA、100MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ロングサインが消えていることが確認できる。



【本日のイベント】

09:30 豪)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
22:30 加)1月消費者物価指数
24:00 米)1月景気先行指標総合指数


【今夜の戦略】

本日の東京外国為替市場のドル円は、
日経平均株価の史上最高値の更新期待から
底堅い展開が予想されるものの、
円売り持ちポジションの利食いが
上値を抑える展開が予想されるでしょう。

先週16日の日経平均株価は38865.06円まで上昇し、
1989年12月31日のザラバの高値38957.44円に92.38円、
終値38915.87円に50.81円まで迫っており、
本日のドル円は、日経平均株価の史上最高値の
更新期待から底堅い展開が予想されます。

しかしながら、ドル円は中期的には
「ダブル・トップ(151.95円・151.91円)」を形成しており、
151円台では本邦通貨当局による円買い介入や
発言により反落していたことで、
150円台では円売り持ちポジションの利食いで
伸び悩む展開となっております。

2022年10月の高値151.95円では、
本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入で127円台まで反落、
2023年11月の高値151.91円では、
植田日銀総裁の「チャレンジング」発言で
140円台まで反落しています。

14日に神田財務官は、円買い介入について
「24時間365日対応できるよう準備している。
必要があれば適切に対応する」と述べました。

そして、「年初来わずか1カ月強の間に約10円も円安になった。
急激な変動は経済にとって良くない。
高い緊張感をもって市場を注視する。
明らかに投機的な動きもあり、いかがなものかと思う」との
認識を示しました。

岸田首相は、今年の春闘で昨年を上回る賃上げを実現して、
6月の定額減税と合わせて実質賃金をプラスにして、
消費を活性化させて、9月の自民党総裁選での
再選を目論んでいると思われるため、
円安による輸入物価の再上昇は阻止したいはずです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が公表した
IMM通貨先物の非商業部門の円ポジションは、
13日時点での売り越しが11万1536枚となり、
昨年11月14日の13万249枚以来の高水準となりました。

ドル円が151.95円の高値を付けた2022年10月21日に、
本邦通貨当局が円買い介入を断行した頃のIMMの円売り越しは
10万2618枚(※10/25)でした。

9時30分に発表される2月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨では、
声明文やブロックRBA総裁の発言内容に沿った内容が
予想されていることで、サプライズとなる可能性は低いと思われます。

声明文では
「今後の金融政策の行方は引き続きデータとリスク評価次第であり、
追加の利上げの可能性を排除することはできない」と言及され、
インフレや労働市場の見通しを注視していく姿勢が示されました。

RBA四半期金融政策報告では、
「賃金と労働需要への下押し圧力がさらに高まっており
予想より早いインフレ目標への復帰が見込まれる」との
見解が示されていました。

本日、米国が休場明けとなりますので
相場の流れに沿ってコツコツと
利益を積み上げていきたいですね!(^^)!


Check!!
基本的なトレード手法。各通貨ペアの特徴、攻略法などをYouTubeで解説中です。
Click!⇒プロトレーダーのFX解説
これからFXを始めたい方はもちろん、
更なる成果を求める方も必見の内容が詰まった動画を公開していきますので、
しっかりチェックして勝率アップを狙いましょう!(^^)!




【今週の重要イベント】
赤字は最重要経済指標
桃色は重要イベントなど


2/19(月)
・米国、カナダ休場
08:50 日)12月機械受注



2/20(火)
09:30 豪)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
22:30 加)1月消費者物価指数
24:00 米)1月景気先行指標総合指数



2/21(水)
08:50 日)1月貿易統計
09:30 豪)10-12月期四半期賃金指数
24:00 EU)2月消費者信頼感
28:00 米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



2/22(木)
18:00 EU)2月製造業購買担当者景気指数
18:00 EU)2月サービス部門購買担当者景気指数
19:00 EU)1月消費者物価指数
21:30 EU)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

22:30 加)12月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:45 米)2月製造業購買担当者景気指数
23:45 米)2月サービス部門購買担当者景気指数
23:45 米)2月総合購買担当者景気指数
24:00 米)1月中古住宅販売件数



2/23(金)
・日本休場
16:00 独)10-12月期国内総生産
18:00 独)2月IFO企業景況感指数



経済指標&イベントに加えて
・主要な株式市場
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言
・イスラエル・パレスチナ問題
・米国のインフレ動向
・米国のリセッション入り懸念
・注目度の高い米経済指標の発表
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場
・欧州の金融政策への思惑
・日本の金融政策への思惑
・米大統領の発言
にも注目!


応援クリック宜しくお願い致しますm(u_u)mFC2 ブログランキング
人気記事! ⇒
スキャルピング必勝法デイトレ必勝法
人気記事! ⇒ダマシ撃退法(逆張り矯正法)
人気記事! ⇒リスク管理

........................................................................................................................
メルマガではブログで公開していないより具体的な相場観などを
  配信しております。こちらも参考にしてくださいね。
.......................................................................................................................

[ 2024/02/20 08:18 ] デイトレ必勝法

【FX長者】日経平均株価の史上最高値更新か 今夜のデイトレFX必勝法 

  相場で失った資金をリスクゼロで取り戻す手法
  FXデイトレード&スキャルピング手法を大公開
 応援クリックお願いしますm(u_u)m⇒FC2 ブログランキング

本日の為替相場は、
主要な株式市場及び米国債利回りの動向
米ドル、日本円、ユーロの方向性
米国の金融政策への思惑に注目!


【現在の相場】08:30時点

・チャート画像は全て15分足
・単純移動平均線 赤:25MA 青:100MA 紫:200MA


ドル円

USDJPY19_202402190821118a7.jpg

移動平均線は上から、100MA、25MA、200MA
現在は200MAを下抜けしたレンジ相場
MACDからは、ショートサインが確認できる。



ユーロドル

EURUSD19_202402190821105c5.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ロングサインが消えていることが確認できる。



ユーロ円

EURJPY19_20240219082108469.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は100MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ショートサインが確認できる。



【本日のイベント】

・米国、カナダ休場
08:50 日)12月機械受注


【今夜の戦略】

本日の東京外国為替市場のドル円は、
ニューヨーク市場が休場のため動きづらい展開の中、
日経平均株価の史上最高値の更新期待から
底堅い展開が予想されるでしょう。

先週16日の日経平均株価は38865.06円まで上昇し、
1989年12月29日のザラバの高値38957.44円に92.38円、
終値38915.87円に50.81円まで迫りました。

本日のドル円は、日経平均株価の
史上最高値の更新期待から底堅い展開が予想されます。

ちなみに、1989年12月29日のドル円は143円台で推移しており、
1990年4月2日の高値160.15円に向けた
上昇トレンドの途上でした。
 
米国1月の消費者物価指数(CPI)や
卸売物価指数(PPI)の伸び率鈍化傾向が
やや収まりつつあることで、
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが
FF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」での
利下げ開始は、6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで
先送りされています。

また、29日に発表される米連邦準備理事会(FRB)が
インフレ指標として注視している1月のPCE総合価格指数は、
1月のPPIでのポートフォリオ管理と
投資アドバイスの指数が上昇していたことで、
CPIやPPIと同様の伸び率が予想されつつあります。

ドル円の懸念材料としては、イエレン米財務長官や
バーFRB副議長(銀行監督担当)が懸念を表明した
商業用不動産リスクが挙げられるでしょう。

また、ドル円は中期的には
「ダブル・トップ(151.95円・151.91円)」を形成しております。

2022年10月の高値151.95円では、
本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入で127円台まで反落、
2023年11月の高値151.91円では、
植田日銀総裁の「チャレンジング」発言で
140円台まで反落しています。

ドル円が現状の上昇トレンドで151円台に乗せた場合、
本邦通貨当局からの円安抑制措置には警戒しておきたいですね。


Check!!
基本的なトレード手法。各通貨ペアの特徴、攻略法などをYouTubeで解説中です。
Click!⇒プロトレーダーのFX解説
これからFXを始めたい方はもちろん、
更なる成果を求める方も必見の内容が詰まった動画を公開していきますので、
しっかりチェックして勝率アップを狙いましょう!(^^)!




【今週の重要イベント】
赤字は最重要経済指標
桃色は重要イベントなど


2/19(月)
・米国、カナダ休場
08:50 日)12月機械受注



2/20(火)
09:30 豪)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
22:30 加)1月消費者物価指数
24:00 米)1月景気先行指標総合指数



2/21(水)
08:50 日)1月貿易統計
09:30 豪)10-12月期四半期賃金指数
24:00 EU)2月消費者信頼感
28:00 米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



2/22(木)
18:00 EU)2月製造業購買担当者景気指数
18:00 EU)2月サービス部門購買担当者景気指数
19:00 EU)1月消費者物価指数
21:30 EU)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

22:30 加)12月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:45 米)2月製造業購買担当者景気指数
23:45 米)2月サービス部門購買担当者景気指数
23:45 米)2月総合購買担当者景気指数
24:00 米)1月中古住宅販売件数



2/23(金)
・日本休場
16:00 独)10-12月期国内総生産
18:00 独)2月IFO企業景況感指数



経済指標&イベントに加えて
・主要な株式市場
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言
・イスラエル・パレスチナ問題
・米国のインフレ動向
・米国のリセッション入り懸念
・注目度の高い米経済指標の発表
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場
・欧州の金融政策への思惑
・日本の金融政策への思惑
・米大統領の発言
にも注目!


応援クリック宜しくお願い致しますm(u_u)mFC2 ブログランキング
人気記事! ⇒
スキャルピング必勝法デイトレ必勝法
人気記事! ⇒ダマシ撃退法(逆張り矯正法)
人気記事! ⇒リスク管理

........................................................................................................................
メルマガではブログで公開していないより具体的な相場観などを
  配信しております。こちらも参考にしてくださいね。
.......................................................................................................................

[ 2024/02/19 08:25 ] デイトレ必勝法

【FX長者】米ドル売りに回帰か 今夜のデイトレFX必勝法 

  相場で失った資金をリスクゼロで取り戻す手法
  FXデイトレード&スキャルピング手法を大公開
 応援クリックお願いしますm(u_u)m⇒FC2 ブログランキング

本日の為替相場は、
主要な株式市場及び米国債利回りの動向
注目度の高い米国の経済指標の発表
米国の金融政策への思惑に注目!


【現在の相場】08:30時点

・チャート画像は全て15分足
・単純移動平均線 赤:25MA 青:100MA 紫:200MA


ドル円

USDJPY16_2024021608414532a.jpg

移動平均線は上から、200MA、100MA、25MA
現在は25MAに沿ってショートトレンド
MACDからは、ショートサインが確認できる。



ユーロドル

EURUSD16_20240216084144089.jpg

移動平均線は上から、25MA、100MA、200MA
現在は25MAに沿ってロングトレンド
MACDからは、ロングサインが確認できる。



ユーロ円

EURJPY16_202402160841412b5.jpg

移動平均線は上から、25MA、200MA、100MA
現在は25MAに沿ってレンジ相場
MACDからは、ロングサインが消えていることが確認できる。



【本日のイベント】

・中国休場
16:00 英)1月小売売上高
19:30 露)ロシア中銀政策金利
22:30 米)1月卸売物価指数
22:30 米)1月住宅着工件数
22:30 米)1月建設許可件数
24:00 米)2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値


【今夜の戦略】

本日の東京為替市場では、
週末とあって様子見ムードが高まるなか、
日経平均株価や時間外の米長期金利の動向を
睨みながらの展開が想定されるでしょう。
 
昨日のNY市場では1月米小売売上高は
前月比0.8%減と昨年3月以来10カ月ぶりの
大幅な落ち込みとなりましたが、
冬の悪天候が影響した可能性があるほか、
季節的なテクニカル要因があるとして
一時的な現象に過ぎないとの見方が出ています。

また、同時に発表された1月米輸入物価指数や
前週分の新規失業保険申請件数などは強い結果となり、
ドルは下落して反応した後にすぐに反発するなど、
米指標に対して敏感に反応しています。

本日も1月米卸売物価指数(PPI)や
2月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)など
重要指標が予定されるため、
東京市場では様子見姿勢が強まる可能性はあるでしょう。

ただ、ドル円に関しては
下サイドでの買い意欲は依然として旺盛です。

その背景としては、内田日銀副総裁が8日に
緩和的な金融緩和を維持する姿勢を示して以降、
日銀の金融政策修正への思惑が
一段と低下していることが挙げられます。

また、昨日には10-12月期実質国内総生産(GDP)速報値が
予想外のマイナス成長となり、
事実上のリセッション入りとなったため、
「日銀が政策を早期に修正するのに
一段と慎重にならざるを得ないのでは」との声が聞かれています。
 
なお、直近のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが
FF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」では、
3月米連邦公開市場委員会(FOMC)での
FF金利誘導目標5.25-50%の据え置きは
依然としてほぼ確実視されております。

また、5月FOMCでのFF金利誘導目標の据え置き確率は
61%前後と前日からほぼ変わっていません。

本日は8時50分に対外対内証券売買契約等の状況、
13時30分に12月第三次産業活動指数が予定されていますが、
いずれも相場を動意づけるには材料に乏しく、
基本的には株価や米金利、
そして本邦実需勢のフローに左右される展開となるでしょう。

特に、昨日は輸出企業の売りが目立っていたとされており、
本日も上値を抑える要因となるかどうかに注目したいですね!(^^)!


Check!!
基本的なトレード手法。各通貨ペアの特徴、攻略法などをYouTubeで解説中です。
Click!⇒プロトレーダーのFX解説
これからFXを始めたい方はもちろん、
更なる成果を求める方も必見の内容が詰まった動画を公開していきますので、
しっかりチェックして勝率アップを狙いましょう!(^^)!




【今週の重要イベント】
赤字は最重要経済指標
桃色は重要イベントなど


2/12(月)
・日本、中国、香港休場
28:00 米)1月月次財政収支



2/13(火)
・中国、香港休場
16:00 英)1月失業率
16:00 英)1月失業保険申請件数
16:00 英)12月失業率
19:00 独)2月ZEW景況感調査
19:00 EU)2月ZEW景況感調査
22:30 米)1月消費者物価指数



2/14(水)
・中国休場
16:00 英)1月消費者物価指数
19:00 EU)10-12月期四半期域内総生産
19:00 EU)12月鉱工業生産
25:00 露)1月消費者物価指数



2/15(木)
・中国休場
08:50 日)10-12月期四半期実質国内総生産
09:30 豪)1月新規雇用者数
09:30 豪)1月失業率
16:00 英)12月月次国内総生産
16:00 英)10-12月期四半期国内総生産

16:00 英)12月鉱工業生産
16:00 英)12月製造業生産指数
22:30 米)2月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:30 米)1月小売売上高
22:30 米)前週分新規失業保険申請件数
22:30 米)前週分失業保険継続受給者数
23:15 米)1月鉱工業生産
24:00 米)2月NAHB住宅市場指数
30:00 米)12月対米証券投資



2/16(金)
・中国休場
16:00 英)1月小売売上高
19:30 露)ロシア中銀政策金利
22:30 米)1月卸売物価指数
22:30 米)1月住宅着工件数
22:30 米)1月建設許可件数
24:00 米)2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値



経済指標&イベントに加えて
・主要な株式市場
・米国の国債利回りの動向
・米国の金融政策への思惑
・米ドルと日本円、ユーロの方向性
・金融当局者や要人による発言
・イスラエル・パレスチナ問題
・米国のインフレ動向
・米国のリセッション入り懸念
・注目度の高い米経済指標の発表
・金融市場のリスク許容度
・原油と金を中心とした商品市場
・欧州の金融政策への思惑
・日本の金融政策への思惑
・米大統領の発言
にも注目!


応援クリック宜しくお願い致しますm(u_u)mFC2 ブログランキング
人気記事! ⇒
スキャルピング必勝法デイトレ必勝法
人気記事! ⇒ダマシ撃退法(逆張り矯正法)
人気記事! ⇒リスク管理

........................................................................................................................
メルマガではブログで公開していないより具体的な相場観などを
  配信しております。こちらも参考にしてくださいね。
.......................................................................................................................

[ 2024/02/16 08:44 ] デイトレ必勝法
オススメFX口座!
AVAトレードジャパン
使いやすい国内のMT4!
使い易さは業界No.1!!
詳しくはコチラをどうぞ^^


アイネット証券[アイネットFX]
衝撃取引画面!
使い易さは業界No.1!!
詳しくはコチラをどうぞ^^

参加中ランキング

相互リンクとランキングプラス
手法を本で公開中!
HIDEの手法を図解付きで公開中!



無料FXメルマガ配信中
為替情報をリアルタイム配信!

ブログでは公開していない
FXでの稼げるテクニックや
情報をリアルタイムに配信!

 登録はこちらから

プロフィール

Author:HIDE
FXを始めて1ヶ月で200万勝ちを経験するも、サブプライムショックで即退場。再起をかけて08年8月から3万円の小額資金でトレード再開、1ヶ月で利益300万円オーバー達成。

09年4月にFXで生きることを決意し、会社を退社。専業トレーダーとして、相場の荒波にもみくちゃにされながらも、なんとか頑張っております^^;

初心者でも勝てるFXで夢のある楽しい生活を実現しましょう!



マスコミ関連の方へ
取材依頼に関しましては
コチラよりご依頼ください。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
訪問者数
QRコード
携帯でも為替情報をチェック!
QR
このブログが携帯でも見れます